ピアノで聞き比べ | ピアノ以外で聞き比べ | 和声でききくらべ | 作曲家・作品別 お奨め調律法 | 雑記帳
MidiファイルのURL指定でききくらべCGI | MIDI専用アップローダ&調律ツール | 最初のページに戻る


独断と偏見による古典音律解説

 

シュニットガー(Schnitger)の調律法

バロック中期〜後期

 

音律の概要:

 プレトリウスの中全音律にさらに改良を加え、より洗練されたタイプの調律法。
 ミーントーン(MeanTone)の良さをなるべくそのまま残しながら、アンバランスに聞えがちな響きに対して修正を加えています。

●調律考案者:Arp.Schnitger(アルプ・ シュニットガー、1648-1719)

●調律方法: 「F - C - G - D - A - E - H - Fis」をミーントーンの5度に取り、残りは純正な5度で決める。

●純正な音程: 5度が「Es - B - F」「Fis - Cis - Gis」。長3度が「F - A」「C - E」「G - H」「D - Fis」。

●出典:オルガンの歴史とその原理/平島達司/神戸松蔭女子学院(短期)大学学術研究会
 「明庵(めあんとねさんのページ)」(http://crafts.jp/~meantone/index_.html)より引用させて頂きました。 [魚拓]


サンプル曲(MP3録音):
J.S.バッハ作曲 BWV578フーガ ト短調「小フーガ」

モーツァルト作曲 きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265、改訂番号K.300e




特徴:

 シュニットガー(Schnitger)によって造られた大規模なオルガンは、当時を代表するオルガンとして、またオルガンの歴史の中でも大変重要な地位にあり、そのいくつかは修復を重ねながら現在も使用されていて、レコーディングも多数行われています。

 シュニットガー(Schnitger)が自分の建造したオルガンにこの調律法ばかりを施した訳ではなく、当時の他の調律法が施された例も記録に残っているという点は注意が必要でしょう。(※)

 「シュニットガー(Schnitger)の調律法」として知られるこの調律法の特徴としては、

・基本的には、プレトリウスの音律の延長線上にあり、

・アンバランスに聞えがちな音程に対してのみ修正を加え、

・奇をてらわず完成度を高める事にこだわった

 というような調律法と言えるでしょう。当時の実用性の面で優れた物となっているわけです。また、「調性格」という面での使い勝手も、プレトリウスより進歩しています。

 調律法としては少々保守的なタイプであり、たとえば大胆な不協和音が一部の演奏家(作曲家)で使用されるようになってきた時代であったにもかかわらず、この調律法ではそのような響きには配慮していないようです。

 一方、ミーントーン(MeanTone)の「アンバランスな」響きの雰囲気を面白いと思っている人には、逆に少々ものたりなく感じるかもしれません。改良の結果、MeanTone特有の雰囲気は若干薄められてきています。しかし本来、曲と調律法の相性が良い場合には、それが何か普通とは違う調律法であるなどということは意識されないものでしょう。とにかく、この調律法と相性の良い曲を見つけるのは、アーロンやプレトリウスの音律と比較してずっと簡単なのです。

 

実践のために:

 歴史的・年代的にはミーントーン(MeanTone)で演奏されていたと考えられるものの、アーロンやプレトリウスの音律ではどうも具合がわるい、というような場合にぜひ試してみる価値があります。

  曲としては、バロック期のオルガン曲で、どちらかというと保守的な構成の小・中規模曲、コラール等であれば調子よく利用できることが多いようです。

 調律法との相性が良い曲の場合には、現代の私達にも十分自然に聞えるので、一般のコンサートなどの場面でも利用価値は高いものです。というより、この調律をもちいて演奏しなさいというべきでしょうか。

 ただ、この調律法と相性の良い曲というのは、現在ではほとんど演奏されないような曲である場合が多いので、残念ながら結局のところ出番はそれほど多くないかもしれません。こういう曲は、これまで本来の調律法で演奏される機会を得なかったために低い評価に甘んじている可能性もあるわけで、それぞれの曲にふさわしい調律法での再評価が望まれるところです。

 

 注目されるのはこの調律法が、J.S.バッハのオルガン小曲集(BWV599−644)など、比較的小規模な類に分類されるバッハのオルガン曲と相性が良いということです。バッハは「平均律クラビ―ア曲集」で話題にされるような調律法ばかりを使っていたわけではなく、シュニットガーの調律法に代表されるような改良形の音律も、きっと使っていたのでしょう。

 

 ※参考文献(書籍名、URL一覧のみ)


解説: Shintaro Murakami murashin@murashin.sakura.ne.jp

Copyright(C), 1998-2009, Shintaro.Murakami

キーワード:

音楽 , クラシック , ピアノ , 調律 , 平均律 , 純正調 , バッハ , モーツァルト