ピアノで聞き比べ | ピアノ以外で聞き比べ | 和声でききくらべ | 作曲家・作品別 お奨め調律法 | 雑記帳
MidiファイルのURL指定でききくらべCGI | MIDI専用アップローダ&調律ツール | 最初のページに戻る

独断と偏見による古典音律解説

 

ミーントーン(MeanTone) 

 ルネッサンス〜バロック

音律の概要:

 可能な限りの全ての長3度を純正にとる調律法。これを純正調における大全音と小全音の中間の所に取った全音(すなわち中全音)により構成したことから中全音律、ミーントーン(MeanTone)と呼ばれます。

●考案者:ピエトロ・アーロン (Pietro Aron, 1480頃-1550頃)

●調律方法:純正な長3度を取る。その長3度(と2オクターブ)を均等に(周波数比が同じ)5度で割る。そこからまた純正な長3度を取る。

●純正な音程:純正なのは長3度の「 Es - G - H 」「 B - D - Fis 」「 F - A -Cis 」「 C - E - Gis 」。

●出典:ゼロ・ビートの再発見(本篇・技法篇)/平島達司/東京音楽社
  「明庵(めあんとねさんのページ)」(http://crafts.jp/~meantone/index_.html)より引用させて頂きました。 [魚拓]

 なお、古典調律についての話題の中でミーントーン(MeanTone)といえば、アーロンの考案したオリジナル形を示す事が普通(※)ですが、改良形まで含めてこの名称が用いられる例も多いので区別するようにしましょう。

 

特徴:

 第一印象としては、現在の私達にはなかなかなじみにくい音律です。これを理解するためには、その「アンチ・ピタゴラス音律」的な特徴を理解するところからまず始めなくてはなりません。

  私達がミーントーン(MeanTone)に対して最初に感じる不満の多くは、実はピタゴラス音律を代わりに採用する事でほぼ解決してしまいます。そしてピタゴラス音律の長所と短所を理解できた時、初めてミーントーン(MeanTone)の特徴も正しく理解できるだろうと私は考えます。

 そもそもミーントーン(MeanTone)は、音楽的な欲求から自然に生まれてきた音律ではありません。明らかにピタゴラス音律に対抗するような意図を持って創られた音律なのです。ルネッサンスにおいて、それまでの考え方を否定し、新しいものを生み出そうという背景があり、それが音律にも影響した結果の一つであったのです。(※)

 ミーントーン(MeanTone)の特徴をうまく生かすためには、当然ながらこの特徴をよく理解することが必要です。おそらくこの音律が考案された当初、この音律でうまく演奏できる楽曲は少なく、特別な配慮を作曲や編曲に折り込んだ作品が特別に創作されなくてはならなかったでしょう。しかしこの結果、ピタゴラス音律では出来ないタイプの多種多様な表現方法が新しく生み出されることになり、その後のヨーロッパの音楽を大きく発展させるきっかけになりました。

 ミーントーン(MeanTone)が得意とする表現を一言でいうならば「人間臭い表現」とでも言いましょうか。ピタゴラス音律のバランスのとれた、しかし少々冷たい感じのする響きに対して、この音律では少々バランスは悪いものの、温かみのある人間臭い表現が可能になったのです。

 しかしこのミーントーン(MeanTone)の特徴は残念ながら現在のクラシック愛好家にはなかなか受け入れられません。「アンバランスだが温かみのある人間臭い表現」というのは、多くのクラシック愛好家が期待する「洗練されていて完璧で崇高な」あるいは「芸術のための芸術」たるクラシックのイメージとは対極にあるとさえ言えるでしょう。ミーントーン(MeanTone)を実践する時は、まずこの点を心得ておかなくてはなりません。さもないと時に罵倒の対象になることさえ珍しくない、というのが現実なのです。

 

実践のために:

 ミーントーン(MeanTone)が現在のクラシック愛好家になかなか受け入れられない事は既に述べたとおりです。つまり、通常の音楽会などで、アーロンのオリジナル形の中全音律の出る幕はほとんど考えにくいでしょう。古典調律に関するイベントか、または何か特別に意識した実験的なイベントでは有効に活用できるかもしれません。

 なお、ミーントーン(MeanTone)には各種の改良形があり、これまであまり注目されてきませんでしたが、しかしこの改良形の音律は17世紀〜18世紀の音楽にとても有用です。これらについてはそれぞれ別の章を設けて解説しましょう。[プレトリウス(Praetorius)] [シュニットガー(Schnitger)] [ラモー(Rameau)]


参考文献(書籍名、URL一覧のみ)


解説: Shintaro Murakami murashin@murashin.sakura.ne.jp

Copyright(C), 1998-2009, Shintaro.Murakami

キーワード:

音楽 , クラシック , ピアノ , 調律 , 純正調 , ミーントーン , 中全音律